読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良いの?!スマプラは大手通販サイト販売だから安心 2017年度

評判
何百回聞いたんだろう!懐かしかった。清木場俊介が元EXILEのSHUNとしてステージに戻った2016年8月28日は1章ファンにとって特別な1日になったと思う。セトリに無かった予定外のこのサプライズは!眠れなくて昔のEXILE時代の映像を見ていたら歌いたくなったから歌ったと本人談)まだ発売は先ですが!1章が大好きだった方はきっとこのDVDを見たら涙がでてしまうことは間違いないでしょう。

いまオススメの商品♪

2017年03月04日 ランキング上位商品↑

スマプラEXILE ATSUSHI LIVE TOUR 2016 “ITS SHOW TIME!!” 豪華盤(スマプラ対応)【Blu-ray】 [ EXILE ATS

詳しくはこちら b y 楽 天

10年のブランクを感じさせない。14日の午前中に届きビックリしました。この二人がまた一緒に歌うことを10年間も待ちわびていた人々にとっては、曲中にファンの顔を見たいと思う人はただの一人もいないでしょう。一瞬たりとも二人の姿から目を離したくなかったはずです。私の一生の宝物です。EXILE1章からの大ファンです。ファンとしては本当にこの映像は宝物です。去年の夏!清木場俊介のライヴ行きました。。楽天bookで頼んで良かった。。久しぶりにライブDVDを買いましたが!買って本当によかったです。何回も見ると思います^^届いて直ぐに見ました!もう!感動!の一言に尽きます。二人の奇跡の時間は歌以外の喋りもぜひノーカットで収録されていてほしい。2月まで長いけど凄い楽しみです。二人に本当にありがとうと伝えたい。やっぱりBlu-rayに限ります。(清木場俊介自身は2016年6月24日の北海道帯広でのライブでレコーディング以来初めて人前で歌ったとのこと。今回初めてアツシと。そして曲中にファンを映しすぎです。アツシのステージ!本当に豪華ですね。ファンの顔なんてドキュメンタリーで映すだけでよかったなはずです。清木場俊介とのコラボのために今回予約しました。本当に最高だった。俊ちゃんのライヴハウスツアー、北海道帯広も行ったんですが。毎日見ています。最高です!この一言に限ります!二人の笑顔!視線!歌声‥全てに感動しました。編集し直して発売しなおしてほしいくらい。札幌公演行ったので購入です。何よりATSUSHIの笑顔が、本当に嬉しい!って気持ちが出ていて泣けます。これは買わずにはいられないってことで!早速見ましたーーー!やっぱりいいね!この二人。特にSHUNが作詞した「ただ・・・逢いたくて」は一度もライブやテレビで披露されることなく脱退したため、二人で歌うこの曲はCD以外ではこのDVDだけでしか聴けないのでとても貴重です。観るのが楽しみです(*^ω^*)ISTの東京ドーム公演は生涯忘れられない!最高のディスク! 店着日に届いて大満足です!EXILE ATSUSHIのファンならライヴに行った人も行けなった人もこれを観ないと損します!最高です。SHUNちゃんが登場したとき鳥肌がたちました。「ただ逢いたくて」を唄ってくれました。日本を代表するアーティストなんだなぁと改めておもいました。やはり1章のATSUSHIとSHUNの歌がハーモニーが大好きなんです。二人が一緒に歌う姿は!奇跡としか言い様がありません。でもなにはともあれ、1日限りとはいえ二人の復活は涙を流さずに観ることはできませんでした。むしろファンを映さず!喋りもノーカットの物が発売されたらまた買いますよ。。観たらとにかく感動!;聴いたら美声に更に感動!!ちなみにブルーレイの方が暗い中も映像が鮮明キレイです今年の俊ライブでただ逢いたくてを少し歌ってくれたんです 鳥肌がとまらず泣きました😢そのあと ATSUSHIのライブにシークレットでよばれて 二人で歌ったと聞いてほんとに感動! 見に行けなかったので DVDになると聞いて!ほんとにほんとに楽しみで 即予約しました!待ち遠しいです!!SHUN脱退から10年。はっきりいって余計な編集をしてくれたなと思いました。すごい!感動しました。懐かしくて、でも歌詞を忘れていなくて一緒に歌えちゃう自分。俊ちゃんは俊ちゃんで大好き!でも今回アツシとの共演。二人ともとっても素敵で、あの頃とはまた違う魅力がありました。ファンはアーティストを見たいからライブDVDを買うのです。やっぱりこの二人の歌、最高です!最高のライブだったので今回Blu-rayになって良かったです。第1章のファンなら必ず感動します。《追記》喋りはほとんどカットでした。ATSUSHIさんの最新DVDは買って損は無いです!むしろ買わなきや勿体ない!それくらい品質も内容も充実しており言うこと無しでした。。この奇跡に立ち会えなかった1章ファンが待ち望んでいた映像化。